スポンサーリンク

忙しい主婦の味方つくおき!簡単、美味しい、つくおき料理なすのアレンジ

『茄子(なす)』、といえば夏野菜の代表格ですよね!

今や一年中スーパーで安く手に入る野菜になっています。

なすをメインに使った料理といえば、焼きなすや煮びたし

思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

なすはその実がスポンジのようになっているので、油や調味料がよくしみこみます。

ですので、主婦の味方“つくりおき”にとってもおすすめなんです!

今回はボリュームのあるものから、あっさりと食べられるものまでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ボリューミーな一品を!ひき肉となすでつくおきおかず!

まずは、ひき肉となすを使って作るボリュームのあるつくおきのおかずからご紹介したいと思います。

定番スピードおかず、なす味噌炒め

なすと赤味噌の定番の味。味の基本は赤味噌・みりん・砂糖です。味を濃いめにしてご飯と食べてもおいしいです。写真は角切りにしてお弁当にも入れやすくしています。かなりシンプルな味付けなので、お好みで豆板醤、柚子胡椒、チーズなどを加えて色々アレンジできます。

赤味噌が基本の味付けになっているので、豆板醤などでアレンジすることができます。

なすときのこの常備菜★

1週間保存できます。野菜炒めにいれてもよし。ごはんにかけてもよし。おにぎりのぐざいにしてもよし。なににでもあいます。

おにぎりの具材や、野菜炒めの具におすすめです。

あともう一品が必要なときのトマトとなすのつくおき!

あともう一品必要!というときにとっても役に立つのがなすとトマトの組み合わせです。

さっぱりしたものも食べ応えのあるものにもなります!

*ナスとトマトの常備菜*

さっぱりといただける常備菜です♪ 少し甘めですがとっても美味しいです(*^^*)

さっぱりしたものを食べたくなる夏の暑い時期におすすめです。

【作り置き】夏野菜のラタトゥイユ

夏野菜をトマトで煮込んだ、カラフルなラタトゥイユ。作り置きすれば肉・魚のソースやパスタの具にもなる、野菜不足解消レシピ☆

このままでも食べられるし、パスタの具にもなります。

夏休みのカンタンお昼ご飯にいかがですか?

スポンサーリンク

つくおきおかずはキャベツでも代用できる!

なすは夏野菜のうちのひとつですが、

キャベツも品種によっては夏に旬を迎えているものもあることをご存知でしたか?

春によく出回る『春キャベツ』のイメージがとても強いのですが、

長野や北海道で採れる品種に夏に旬を迎えるものがあります。

キャベツには消化を助ける働きがあります。

これを利用しない手はないですよね。

暑さで胃腸の働きが弱まる夏こそキャベツもしっかりとりたいものです。

キャベツは普段はかさましのために使われることが多いのではないでしょうか?

しかし!キャベツにはかさましとしての役割だけではなく、

いろいろな野菜の代用としてもとっても役に立っちゃうのです!

今回ご紹介した、なすのつくおきレシピでも代用できるものがあります。

が、味には好みがあると思いますので、自分で食べれそうなものを選んで

キャベツを使って作ってみることをおすすめします。

ここでいくつか、キャベツを使ったつくりおきおかずをご紹介したいと思います。

定番の塩だれキャベツ

箸が進むやみつき味。塩だれキャベツ

やみつき味でもりもり食べられる、塩だれキャベツのレシピです。火を使わず電子レンジで作れます。手軽に野菜補給できる作っておいて損はない常備菜。お好みで、おろしにんにくを加えても。冷蔵保存4日

キャベツの浅漬け

次はあっさりと食べられる浅漬けです。

野菜不足の方にもオススメ。キャベツの浅漬け

短時間でできるキャベツの簡単浅漬けのレシピ。ゆずとしょうがの風味が食欲をそそるアクセントになっています。箸休めにぴったりなのはもちろん、サラダ感覚で食べられる一品。キャベツは、柔らかくて甘い春キャベツがオススメです。冷蔵保存4日

キャベツと豚肉の作り置きおかずサラダ

最後はおかずにもサラダにもおすすめ。

作り置きシリーズ! おかずにもサラダにもなる嬉しいお料理です。甘酸っぱさがクセになる!

いかがでしたか?

なすで作ることのできるつくおきおかずを中心にご紹介してきました。

ご自分のお好みに合わせて味を調節して、

自分だけのレシピをつくってみてくださいね!

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする