スポンサーリンク

お正月のお祝いには箸袋を準備しよう!置き方や捨て方までご紹介!

日本のお正月に欠かすことのできないものと言えば、まずおせち料理が浮かぶ人も多いのでは?

おせち料理にはひとつひとつの食材に福を招くといった意味が込められておりとてもおめでたい料理です。

そしてそのおせち料理をいただくときは「祝い箸」を使います。

お正月が近づくとスーパーでもいつ使うの!?と思うような豪華な割りばしを見かけますよね。

それが祝い箸と呼ばれるものです。

祝い箸は普段お弁当を食べるときに使う割りばしのように角が角ばっておらず、丸みをおびた細長い形になっています。

2両端にいくほど細長くなっていて、一方は神様用、もう一方は人が使う「神人共食」を意味します。

そして末広がりの八寸(約24センチ)と縁起がよくお祝い事には欠かすことのできない箸です。

普段使う機会も少ないため意外と正式な使い方について知らないことが多いのでは?

そこで今回はお正月の祝い箸の準備から使い方、処分の仕方までを紹介していきます。

スポンサーリンク

お正月の祝い箸には袋に名前を書きましょう

お正月には元旦から祝い箸を使います。

ですから祝い箸を準備するときは、その家の家長が大晦日に、祝い箸の箸袋それぞれに家族全員分の名前を書きます

名前を記入する場所は箸袋の表側で、「寿」の文字の下のあいたスペースに書くようにします。

その時に家長本人のものには「主人」と書き、それ以外は誰のものか分かるように「名前」を書きます。

来客用には「上」と書きましょう。

取り箸として使用するものには「海山」と書きます。

名前を書き入れた箸袋に、祝い箸を一膳ずつ入れ、大晦日のうちに神棚にお供えしておきます。

もし神棚がないご家庭の場合は鏡餅のそばにお供えしておきましょう。

祝い箸の正しい置き方 箸の向きにご注意を!

昔から日本人の食事方法は箸食でした。

食卓のマナーとして箸の置き方もきちんと知っておきたいところですね。

箸は持ち手の方、頭の部分を右側に箸先を置くのが基本です。

これは祝い箸のような箸袋に入っている場合でも同じです。

食事中は箸袋を食卓の邪魔にならないところに置いておきましょう。

箸袋を箸置き代わりに折りたたむこともあるかと思いますが、祝い箸の場合はやらないようにしましょう。

スポンサーリンク

祝い箸はいつまで使うのが正解?

祝い箸は食事の度に、自分で使用し汚れた部分(箸先)を自分自身で洗い清めます。

乾いた箸を再び自分の名前が書かれた箸袋に納めます。

そして正月三が日の間は繰り返し使用するというのが一般的です。

そのため丈夫で折れにくい柳の木が使われているのです。

祝い箸は両口箸になっているので片方を取り箸として使う人もいるかもしれませんが、片方は神様用と言われているのでこれはタブーといわれますので注意しましょう。

祝い箸の正しい捨て方とは?

使用した祝い箸は普通のゴミと一緒に捨ててはいけません

毎年小正月の1月15日に各地方の神社などで「とんど焼き」とよばれる正月飾りを集めて焼く、という行事が行われますがその時に祝い箸も一緒に燃やす、というのが一般的な処分方法です。

とんど焼きの日に行くことができない場合でも、定められた期間内に近所の神社などにもっていくことができる場合があります。

やむを得ずゴミとして処分しなくてはならない場合には他のゴミとは別にし、白い紙に塩で清めてから包んで燃えるゴミとして出すようにしましょう。

最後に

お正月を華やかに迎えるためにも是非祝い箸を用意してみてください。

最近は美しい箸袋に入った祝い箸もさまざまな種類が市販されていますし、和紙や千代紙などを使って自分で箸袋を手作りするのも素敵ですよね。

正しい祝い箸のマナーを知ることで、少しでも晴れの日がよりよい日となりますように。

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする