スポンサーリンク

カレーの隠し味は何にする?コクを極めておいしい1品!

最近、カレー作りにハマってしまった30代男です!

同僚とランチで行った洋食屋のカレーがあまりに美味しくて、どうやったらこの味が出せるのだろう?と自己流で研究した結果、一人では食べきれない量に…。

彼女や近くに住む弟に食べてもらっていますが、今一つ味が足りないと。

気づいたのは、隠し味でした。

しかし、どんな隠し味にすればいいのかわかりません。

そこで、何としても最高のカレーを作るため、隠し味について調べました!

スポンサーリンク

カレーの隠し味コクが足りない時は何をプラスする?

辛さの中にも深いコクがある、最高のカレーを求めて半年。

カレーを作るなら、やっぱりコクが深い味わいがいいですよね。

肉を炒める際に赤ワイン(少量)を使ってみました。

肉の臭みが消えて美味しくはなりましたが、まだ何かが足りない…。

そこで、どんなものが隠し味として使われているのかリサーチ。

チョコレートを一かけら加えるといいというのは、以前聞いたことがあります。

まずは、インスタントコーヒーを小さじ1杯加えることで、コクが出るとのことでした。

次に、オイスターソース。これも小さじ1杯程度とのこと。

さらに、ココアパウダー。これも小さじ1杯程度ということでした。

他にも砂糖やはちみつなどがありましたが、はちみつはバーモ…ゲフンゲフン。

無塩バターという選択肢もありました。これは10g程度とのことです。

上記をふまえて、肉を炒める際に赤ワインを使いつつ、具材を煮込んでそろそろルーを入れるというタイミングに、チョコレートを一かけら入れてみました。

すると、味に今までとまったく違う世界が広がりました!

しかし!まだ理想のコクが出ません。何かが違うのか…?

次の金曜日、彼女に手伝ってもらいながら、再び肉を炒める際に赤ワインを使い、ルーを入れる直前にインスタントコーヒーを小さじ1杯入れてみました。

気になる味ですが、深いコクとまではいかなくても、少しだけ理想に近づきました。これはいい感じです!

更に次の金曜日、赤ワインはあえて使わずに、ルーを入れる直前にオイスターソースを小さじ1杯入れてみました。

しかし…これはちょっと失敗でした。赤ワインで肉を炒めるべきでした。

いい味は出たのですが、どうも納得がいかないカレーになってしまいました。

再び次の金曜日、赤ワインで肉を炒め、ルーを入れると同時にココアパウダーを入れてみました。するとどうでしょう。何だかこれはテンションが上がってしまう味になりました。でもインスタントコーヒーの時に感じたコクが出ません。

彼女からも「美味しいけどあのコクが出てないよ!」とダメ出し。

これ以上試すと本当にキリがなくなるので、カレー作りは一旦小休止。

無塩バターでもよかったのですが、これ以上はしんどくなってしまうので…。

隠し味を入れるタイミングが悪いのか?それとも作り方が悪いのか?

悩みます…深みにハマります…。

では、気分を少し変えまして、ご家庭でどのような隠し味が使われているのか?そのランキングについて調べましたので、ご覧ください。

スポンサーリンク

我が家はカレーの隠し味にコレを入れてます!ランキング

皆さんがご家庭でどのような隠し味を使われているのか、気になりますよね。

それをランキング形式にしてみました。

第5位 はちみつ

  • 甘いものを入れると辛さが引き立つ
  • 少し入れると味がまろやかになって美味しくなる
  • 味に深みが出る

おっと、あのカレールーに含まれているからと避けていた、はちみつがランクインしました!

はちみつの自然な甘さが、辛さを引き立て味に深みが出るようです。

これは試してみないといけませんね!次の金曜日にはちみつを使ってみます!

第4位 りんご

  • まろやかなカレーになる
  • うま味やコクが増す

あー、これもあのカレールーに含まれているものですね。

しかし、単体で使うとまた違ってくるのかもしれません。

煮込む際に、スライスして入れるといいようです。

これもぜひ試してみようと思います!

第3位 チョコレート・ココア

  • 味にコクや深みが出る
  • 家にあるものを入れる

ふむふむ、これは僕が試してみた隠し味ですね。

ただ、入れるタイミングを間違えていたようです(後述しますが)。

劇的に味が変わるわけでもない…いやいや変わりましたから!

これは後述する入れるタイミングによるのかも知れませんね。

第2位 トマトケチャップ

  • 酸味が加わり、味が濃厚になる
  • 甘みやコクが出る
  • さっぱりした味になる

これは予想外でした。

酸味が加わることで、味が引き締まるんですね。

ケチャップではなくても、生のトマトやホールトマトでもありのようです。

生のトマトの場合は、煮込む際に入れるといいとのこと。これも試してみます!

第1位 オイスターソース

  • 味に深みとコクが出る
  • 濃厚な味になる
  • ひと晩置いたようなカレーになる

これも僕が試して、一度失敗してしまった隠し味です。

それは、入れるタイミングが問題でした。

あとは、定番の赤ワインを使わなかったこと。

これについては、僕がやらかしてしまったことが原因ですが…。

定番を忘れることなく、次回ぜひ再チャレンジしてみたいと思います。

あと、ここにはランクインしていませんが、ソースも隠し味として使えるようです。

とんかつソースやウスターソース、どちらでもいいようですね。

以上、隠し味ランキングでした?

いかがでしょうか?

皆さんのご家庭でもぜひお試しください。

スポンサーリンク

いつ入れる?カレーに隠し味を加えるタイミング

さて、僕がこれまで悩んできた、カレーに隠し味を入れるタイミングです。

それは、「カレールーが溶けたタイミング」でした。

これは盲点でした…。溶けたタイミングとは…。

これまで、カレールーより前に入れていたのが失敗でした。

ココアパウダーに関しては、ルーと同時でしたが…。

これもまったく間違いでしたね。

また、カレールーは2種類使った方がいいと母から聞いたので、2種類使っています。

僕の場合はゴールデンカレーをメインに、様々なルーを試しています。

一番しっくりきたのは、ジャワカレーでした。

しかし、プロは違いました!

「バーモントカレー」と「ジャワカレー」の合わせ技だそうです。

つまり、プロおすすめは、バーモントとジャワのそれぞれのルーが溶けたあとに隠し味を投入!

これがポイントです。

そしてさらに、隠し味をすべて入れるということでした。

これもまったくの盲点でした。

一つずつ入れるというわけではないんですね。

明日、さっそくバーモントとジャワの合わせルーに、ランキングに出てきた隠し味を投入してみたいと思います。

タイミングを間違えないように気をつけて、彼女をびっくりさせたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カレーの作り方も奥が深いですね。

まさか、隠し味を全部入れるとは!

そして、カレールーもまさかの種類でした。

上述してきたことを踏まえ、カレー作りを極めます。

まずは、週末のカレー作りに大成功するのが僕の目標です。

そして、大成功したら必ず彼女をプロポーズしたいです!

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする