スポンサーリンク

お歳暮はいつ渡す?関西では時期を過ぎたらNG?いつまでならセーフ?

年の瀬とともにお歳暮が気になる季節となってきました。

みなさんは毎年お歳暮を贈られていますか?

結婚して初めてお歳暮を贈る方もいるのではないでしょうか?

お歳暮はもともと、新年に神様を迎えるためのお供え物を年の暮れに本家に届けていたことが始まりです。

つまり、福を呼ぶためのお供え物だったわけです。

しかし、現代では、お世話になった人への日頃の感謝の気持ちと共に贈る贈答品というふうに変わってきました。

ですので、贈る相手は、会社の取引先や上司、お稽古事の先生、恩師などがあり、近年では親族や友人などに贈るケースも増えてきています。

今回は、そんなお歳暮のマナーについてみていきたいと思います。

参考

お歳暮を受け取るとお礼状や貰った品物と同等の品物を相手に返す必要があるため、お歳暮のやり取りを煩わしく感じている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、お歳暮をもらったときの一般的なお礼状やお礼状でのお歳暮の断り方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

お歳暮の正しい時期とは?関西と関東では違うの?

先ほど述べたように、お歳暮は本来新年を迎えるためのお供え物でしたので、

事始めといわれるお正月の準備を始める日の12月13日を過ぎてから贈るものとされていました。

お正月の準備で仏壇や、家の中がきれいになってから届けるためです。

しかし、近年では、事始めの日の風習もなくなりつつあり、むしろ年末の急がしい時期に贈り物をすることは気を遣うので、少しずつ贈る時期が早くなる傾向にあります。

地域によっても差がありますが、

関東では、12月初旬から12月31日まで

関西では、12月13日から12月31日までの間

贈ることがルールとされています。

関東の方が少し早めにお歳暮の時期が始まります

どちらも締めは12月31日ですが、これはあくまでも期限ですので、

できれば関東、関西かかわらず、12月20日までには相手の家に届いているほうが無難でしょう。

25日以降になると、相手方も年末年始の準備が本格的になる、家族旅行で不在など、忙しくなり迷惑となるからです。

ただし、カニなどの生鮮食品だけは例外です。

お歳暮で届いた生鮮食品はお正月料理に使用されるケースが多いため、正月に近い日付の方がよいので遅めに贈るようにしましょう。

しかし、近年ではテレビやインターネットの普及もあり、配達ですぐに届くので、あまり時期については細かく言われなくなってきています。

ですが、特に気を遣う方に贈られるときだけは、少し時期にも注意したほうがいいかもしれませんね。

また再配達の手間を省くためにも、相手方に受け取り日時を確認しておくと丁寧です。

用事があったり不在だったりすることも考えられるので、自然に予定を聞きだしてみましょう。

お歳暮の時期が過ぎてしまった場合どうする?

お歳暮は遅くとも年末までに届けば大丈夫ですが、もしお歳暮の時期が過ぎてしまった場合は、

熨斗の表書き「お歳暮」 → 「お年賀」、「寒中見舞・寒中御伺」

へと変更しましょう。

12月31日までに届くものに関しては「お歳暮」

1月1日の元旦から1月7日の松の内までに届くものには「お年賀」

そして1月7日すぎから立春の2月3日あたりまでに届くものを「寒中見舞・寒中御伺」といいます。

お歳暮の渡す時期はいつまでだったらセーフ?

上記のことを踏まえた上で、厳密には、お歳暮は遅くとも12月31日までに相手方のお家に届くようにすればセーフといえます。

しかし、年中行事などに厳しい方や気を遣う方であれば、やはり、適切な時期にお歳暮を届けたいですね。

大切なのは贈る側の感謝の気持ちです。

素敵なものを贈ることはもちろんとても良いことですが、贈る時期や時間など、受け取る側への配慮もそこに加えられると尚良いですね。

限られた時期に贈るお歳暮ですので、ギリギリで慌てて準備することのないよう、余裕をもって用意しましょう。

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする