スポンサーリンク

えっ本当?お歳暮のお礼状でお断りする驚きの新常識とは⁉︎

年の瀬になると送られてくるお歳暮。

交友関係が広がることで年々送られてくるお歳暮も増えてきます。

お歳暮を受け取るとお礼状や貰った品物と同等の品物を相手に返す必要があるため、

お歳暮のやり取りを煩わしく感じている方も多いのではないでしょうか?

断るにしても、相手との関係を悪化させたくないもの。

そこで今回は、お歳暮をもらったときの一般的なお礼状やお礼状でのお歳暮の断り方についてご紹介していきます。

お歳暮のお礼状や断り方で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

参考

お歳暮はお世話になった人への日頃の感謝の気持ちと共に贈る贈答品というふうに変わってきました。 ですので、贈る相手は、会社の取引先や上司、お稽古事の先生、恩師などがあり、近年では親族や友人などに贈るケースも増えてきています。 今回は、そんなお歳暮のマナーについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

お歳暮のお礼状の書き方は?

ビジネスやプライベートのどちらにおいても、お歳暮を貰ったらお礼状を送るのがマナーと言われています。

お礼状は品物対しての感謝とお礼の気持ちを伝えるためのものです。

そのため、品物を受け取って2~3日以内にはお礼状を書き、ポストに投函するように心がけましょう。

最近ではお礼を電話やメールで済ませる方も増えています。

電話やメールは親しい間柄であれば良いですが、そうでない場合は電話やメールのあとに、お礼状を送るとより相手に好印象を与えるでしょう。

お礼状でお歳暮のお断りを伝えるポイント

お歳暮の基本は相手への感謝の気持ちを品物に込めて贈ることです。

気持ちがなく形式的なやり取りはかえって失礼にあたります。

形式的なやり取りでのお歳暮を辞めたいと思っているときは、相手も同じ気持ちである可能性があります。

そんなときはお礼状にお歳暮のお断りの意思を入れてみましょう。

お歳暮を断りするときのポイントとして

  • 贈ってくれた相手への感謝の気持ちを忘れずに伝える
  • 断るという意思を明確に伝え、角が立たないような表現で伝える

この2つを頭に入れ、断りのお礼状を書きましょう。

お歳暮のお礼状 例文3選

お歳暮のお礼状はハガキではなく、便箋に書き封書として投函するのがマナーです。

特に目上の方へお礼状を出す場合は、横書きではなく縦書きを心がけましょう。

それでは実際に例文をご紹介していきます。

ビジネスの場合

拝啓 師走の候 貴社ますますご清祥のことと心よりお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、深く御礼申し上げます。

 さて、このたびは結構なお歳暮の品を頂きまして誠にありがとうございました。

いつもながら細やかなお心遣いに恐縮するばかりです。

社員一同、早速頂戴いたしました。

何卒今後も変らぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 寒さはまだこれからが本番でございます。

皆様どうぞご自愛くださいませ。

 最後に末筆ではございますが、貴社一層のご隆盛と皆様の今後のご活躍をお祈りいたします。

略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。

                               敬具

スポンサーリンク

個人の場合

拝啓 師走に入り、あわただしい毎日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

おかげさまで、私たち家族一同元気に過ごしております。

 さて、先日は心温まるお歳暮の品をお送りいただき、誠にありがとうございました。

いつも何かとお気をかけていただいまして、心より感謝申し上げます。

まだまだ寒い日が続きますが、体調を崩されませぬようご留意ください。

略儀ながら書中にて失礼いたします。

                               敬具

お歳暮を次回から断りたい場合

拝啓 年の瀬も押し迫って参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、このたびはご丁寧にお歳暮の品をお送りいただき、本当にありがとうございました。

家族みんなで美味しくいただきました。

いつも何かとお気をかけていただきまして、ありがたく存じます。

 貴家の皆様とのお付き合いは私どもお悦びではございますが、今後はどうかあまりお気遣いになりませんようお願い申し上げます。

 年末ご多忙の折ではございますが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

略儀ながら書中にて御礼申し上げます。ありいがとうございました。

                                敬具

お歳暮のお礼状。喪中の時はどうする?

お歳暮は祝い事ではなく、感謝の気持ちを伝えるものなので喪中でもお歳暮を贈ることはマナー違反にはなりません

相手が喪中である場合、お歳暮は忌中を過ぎてから贈るようにしましょう

喪中の際にお歳暮のお礼状を送る場合も、通常のお礼状と同じように書けば問題はありませんが、気持ちシンプルにすると良いでしょう。

また、お歳暮を贈ることに抵抗があった場合は、喪中をきっかけにお歳暮を贈るのを辞めるのも良いでしょう。

お歳暮を贈るのを辞めるということを通知したほうが良いのか?

と思う方もいるかもしれませんが、文書を送ることで相手に不快な思いをさせる可能性があります。

お歳暮を贈るのを辞めたいときは、通知はしないようにしましょう。

まとめ

お歳暮は相手への感謝の気持ちを品物に表すものです。

形式だけの形になっていてお歳暮を贈るのを辞めたいと考えている場合は、思いきって贈るのを辞めてみるのも良いでしょう。

また、お礼状で次回から辞退しますという旨を入れるのも良いでしょう。

どちらにせよ、相手への感謝を忘れずにすることが大切です。

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする