スポンサーリンク

ハロウィン衣装を手作りで!!子供と一緒に楽しもう!!

秋になると、親を悩ませる子どもの一大イベント、ハロウィンパーティがありますね。

さて、今年の衣装はもう準備されましたか?

子供のハロウィンを楽しみにしている顔をみれば、面倒くさいとは言えませんよね。

「一度きりの衣装だから、なるべく安くすませたい」

また、「裁縫が苦手」と憂うつになっているお母さん、

手間がかからない衣装をご紹介しますよ!

どうせなら、子供と一緒に手作りして楽しい思い出をつくっちゃいましょう!!

スポンサーリンク

ハロウィンの衣装を子供のために手作りしよう!~男の子編~

ハロウィンで仮装したいキャラクターにもよりますが、男の子の衣装は女の子より装飾品が少なめです。

そして、アイテムも定番なものが多いので、手作りしても、そんなに時間がかかりません。

コレがあれば間違いなし!の手作りできるアイテムを2つ紹介します。

1.ドラキュラの「黒マント」

黒色の布を購入し、マントのサイズに裁断した後、切り口がほつれないように「布地のほつれ止め液」を塗ります。

マントの首元に、幅が広めの黒色のひもを接着テープでとめて完成です。簡単でしょう?

2.黒のローブ

黒色ビニール袋を用意し、頭と手を出すところに穴をあけ、裾を大きくジグザグに切り落とします。

あとは、かぼちゃお化け「ジャックオーランタン」などの定番キャラクターの顔を色画用紙などで作り、ペタペタ貼れば愛嬌のあるローブが出来上がり。

ビニール袋に抵抗がある方は、黒色の布地を筒状に縫い、首が出るところにゴムを入れてください。

イメージは、プールで使用する巻きタオルです。

ハロウィンの衣装を子供のために手作りしよう!~女の子編~

ジブリワールドが大好きな女の子にとって、魔女の宅急便に登場する主人公「キキ」は憧れです。

彼女の衣装は、黒のワンピースと頭についている大きなリボンのみ。

黒のワンピースがあればそのまま使えますが、ないときは古着屋で大人サイズの黒色Tシャツを購入しましょう。

男性のLサイズであれば、小学低学年くらいまではワンピースの長さになると思います。

それでは、キキのチャームポイント「大きなリボン」を手作りしましょう。

<材料>

・飾りのない子供サイズのカチューシャ、またはヘアバンド(できれば赤色)

・赤色のフェルト(好みの大きさで)

・輪ゴム

・グルーガン

<手順>

1.フェルトを長方形の袋状に縫います(携帯ティッシュケースの状態)

2.1の真ん中を輪ゴムで巻き、リボンの形にします。

3.カチューシャ、またはヘアバンドに、グルーガンを使ってリボンをつければ完成です!

※面倒な方は、出来上がった赤いリボンを購入してくださいね。

仕上げにホウキを持たせたら、完璧なキキですよ。

スポンサーリンク

簡単なハロウィン衣装なら100均で材料を調達しよう!

ここまで、カンタンに手作りできる、ハロウィンの子供の衣装を紹介してきました。

最後に、衣装の材料をまとめます。

黒のマント … 布地、布地ほつれ止め液、黒のひも

黒のローブ … ビニール袋一枚、色画用紙

キキのリボン … 赤いフェルト、輪ゴム、カチューシャ、グルーガン

以上、すべて100円ショップで揃えることができます。

あちこちに材料を買いに行かなくてすむので、とても楽ですね。

いかがでしたか?今年のハロウィンは楽しくスピーディーに進められそうですか?

100円ショップには、衣装を華やかにするアイテムがたくさんあるので、ご紹介した衣装で物足りなければ、いろいろな小物を足して楽しんでくださいね!