スポンサーリンク

知らなかったじゃすまされない!!保温弁当箱に潜む食中毒の危険性!!

過ごしやすい春からだんだん気温が上がってくると、

お弁当の食中毒対策が気になりますよね。

食中毒を防ぐなら、加熱すればいい、と言われますが、

ただ加熱するだけじゃ足りないの、知っていましたか?

夏だけでなく一年中気を付けるべき食材があるのも知っていますか?

本当に注意しなければならないことについて

一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク

結局温めれば大丈夫は大きな間違い!!

よく、食中毒対策には

食材をしっかり加熱すること」と言われますが、

実は、お弁当の入れ方にも注意が必要なことをご存知でしたか?

お弁当の具材をしっかり冷める前に入れてしまうと、

お弁当箱の中に水滴がついてしまいます。

実はこの水滴こそが大敵だったのです。

水分は食中毒を引き起こす菌の

格好の繁殖場所になってしまいます。

また、細菌は10~60℃の環境におかれているときに活動します。

特に30~40℃の環境下で細菌の活動や繁殖が活発になります。

そのため、お弁当は10℃以下で保存するとよい、つまり冷蔵庫に入れるか、

短時間であれば保冷剤を利用するのが良いといわれています。

75℃以上になると細菌が死滅するのですが、

お弁当の食材を加熱して細菌を死滅させても、

冷ましている間に新たな細菌が食材に付着してしまいます。

そのため、なるべく短時間で冷ますように心がけましょう。

また、100℃以上に加熱しても死滅しない

ウェルシュ菌のような細菌もあります。

スポンサーリンク

食中毒は夏だけじゃない!食中毒に気をつけたいおかず

食中毒は夏になるものだと思われがちですが、

実は1年を通していつでも起こりうるものなのです!

ソーセージやかまぼこなどの魚肉加工食品

製造する際には加熱されますが、

その後の流通ルートが長いため、

その間に細菌が食材の中で繁殖しています。

お弁当に入れる前に、しっかり加熱しておきましょう。

また、卵焼きやスクランブルエッグにも気を付けないといけません。

卵にはサルモネラ菌という、

最悪の場合には死に至るような食中毒を起こす細菌が付着している場合があります。

この菌は加熱処理によって死滅するものです。

中心部を75℃で1分以上の加熱が目安です。

卵焼きやスクランブルエッグは

火がしっかり通っていないこともあります。

もしお弁当に入れるのであれば、

薄焼き卵などで代用するようにしましょう。

また、マヨネーズを使ったサラダなども注意しなければなりません。

マヨネーズは和えることで、

その食材の水分を引き出してしまいます。

その水分に細菌が繁殖してしまうので危険です。

また、生野菜を使うことが多いかと思いますが、

生野菜にも細菌が繁殖しやすいのでそちらも注意が必要です。

いかがでしたか?

見えなくて怖い食中毒ですが、

細菌が繁殖しやすい環境をつくらないように意識して

おいしいお弁当を作ってくださいね。

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする