スポンサーリンク

これって更年期障害?!気になる症状を徹底分析!!女性必読のチェックリスト!

更年期障害は40〜50代だけではない!若い人にも起こる若年性更年期障害。

そして突然始まる更年期うつ。

1人で悩まず、他の人や専門医に相談しましょう!

スポンサーリンク

【更年期障害の症状が出始める年齢っていくつくらい??】

 まず更年期とは、

女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」

を言います。

そして更年期をむかえると、更年期障害というのがあり、

これはホルモンバランスの乱れから身体・精神の不調を起こす、自律神経失調症の1つです。

 更年期は40〜50代頃とされています。

 ですが、最近では20代や30代の若い人たちも多く、「若年性更年期障害」と言われています。

ストレスや無理なダイエット、不規則な生活などが原因と言われていますが、他にも服装も原因の1つと言われています。

 なぜなら最近は特に、身体を冷やしてしまうような服装が多いのが原因でしょう。

 更年期障害の主な症状として、

  • のぼせ
  • 冷え性
  • 憂うつ
  • 肩こり
  • 動悸
  • めまい
  • 情緒不安定
  • 怠慢感
  • 月経異常
  • 不正出血

など、他にも様々あります。

 症状は人によって違い、また感じない人もいれば、症状が酷い人もいて様々です。

 更年期障害と思われる症状が出たときは、早めに病院・産婦人科などに行きましょう!

【更年期の女性で寝汗が多く出るのは大丈夫??】

 更年期になると寝汗などが多く、悩む人も多いでしょう。

その寝汗は更年期障害の症状の1つです。

自律神経がうまく働かないため、必然的に寝汗が増えてしまいます。

〈寝汗対策〉

寝汗が多い人は、シーツの上に汗取りシート・パットを敷くといいでしょう。

また眠る前に、興奮するようなもの、恐怖を感じるようなもの、

カフェインなどが入っている飲み物は控えましょう。

寝汗が酷くなる原因となります。

眠るときは、ストレスを発散させた状態でリラックスして休みましょうね!

スポンサーリンク

【更年期障害の症状で気をつけたいうつ状態】

 更年期はうつ病になりやすく、憂うつな気持ちがある場合、更年期障害とうつ病を併発している場合とあります。

 更年期のうつ病は、徐々にではなく突然症状があらわれるそうです。

 症状として…

〈精神的症状〉

  • 喪失感
  • 自己嫌悪
  • 被害妄想
  • 絶望感

〈肉体的症状〉

  • 不眠
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • のぼせ
  • 多汗
  • 動悸

があります。

更年期うつの対処法

 更年期うつは自律神経のバランス崩れや環境、人間関係の変化による精神的なストレスからなります。

精神的ストレス

  • 引っ越し
  • 職場の立場の変化
  • いじめ
  • 離別
  • 肉親との死別
  • 子育ての終了

などが考えられ、このストレスをなくすことができればいいのですが、そう簡単にはいきませんよね。

そんなときに対処法として使われるのは、ホルモン補充療法や抗うつ剤、プラセンタなどです。

 早めに専門医の受診をしましょう。

また周りにいる人も、うつの人がいたら病院に行くよう勧めましょう!

【まとめ】

  • 更年期は40〜50代と言われるが、最近は20〜30代がなる若年性更年期障害がある。
  • 症状は様々で、よく感じる人・感じない人がいる。
  • 更年期のときの寝汗は症状の1つ。
  • 眠る前は神経を刺激するようなことはしない。またカフェインを控える。
  • リラックスした状態で寝ましょう。
  • 更年期うつは、突然症状が出る。

 更年期障害で辛くなる前に、早めに専門医・病院・産婦人科に行きましょう!

 1人で悩むより専門の方に聞いてもらうのがいいですね!

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする