スポンサーリンク

喪中はがきが届いたら返事はメールでOK?返事の仕方と文例

突然あなたの元に届いた一通の喪中はがき。

誰にでも経験があることと思います。

そんな時あなたは返事を返していますか?

「あぁ、今年は年賀状を出さなくていいや」なんてそれだけで済ませていけません。

今回は喪中はがきが届いた時の基本的なマナーについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

喪中ハガキが届いたらするべき事とは

喪中はがきがとは「身内に不幸がありましたので、年賀状の送付は見送らせて頂きます」というお知らせのはがきのことを指します。

こちらからも年賀状の送付はやめましょう。

間違えて送付してしまわないように注意が必要です。

そして、お知らせのはがきである喪中はがきには返信をしなくても失礼にはあたりません。

しかし「喪中見舞い」や「寒中見舞い」という形で返信することで、悲しんでおられるご遺族の方たちへ心使いの言葉を伝えられるとともにより丁寧な対応といえるでしょう。

喪中はがきの返事はメールで大丈夫?

喪中はがきが送られてきた時の返事は、先程も述べたように「喪中見舞い」年内に届かない場合に送る「寒中見舞い」としてはがきで返信することが一般的なマナーとなります。

はがきを出すまでに期間があいてしまう場合やすぐに気持ちを伝えたい時は、メールを使って返信をしても問題はありません。

ただやはり送る相手によっては失礼にあたることもあります。

目上の方や仕事の関係者、親戚のお年寄りの方達にはメールでの返事は控えましょう

親しい友人へはメールを使ってお悔やみを伝えても問題はないでしょう。

喪中はがきが送られてきた相手によって返信方法を使い分けることが大切です。

スポンサーリンク

喪中はがきをもらったら返事はどうするのか例文をご紹介

喪中はがきの返信として「喪中見舞い」「寒中見舞い」「メール」を紹介してきました。

ここではそれぞれの書き方と例文についてお話したいと思います

喪中見舞いの文例

「喪中お見舞い申し上げます この度はご丁寧なご挨拶状をいただきありがとうございました。年賀欠礼のお知らせを頂き(故人)様のご他界を知って驚いております。存じ上げず失礼いたしましたことをお許しください。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。喪服中でいらっしゃいますので年頭のご挨拶控えさせていただきます。さぞお寂しい年の瀬をお過ごしのことと存じますがどうぞ体に気をつけて新しい年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。 平成○年○月○日」

寒中見舞いの文例

寒中見舞いは1月7日~2月4日までに出すようにしましょう。

「寒中見舞い申し上げます。喪服中でいらっしゃいますので、年頭のご挨拶はご遠慮させていただきました。(故人)様には生前大変お世話になりながら、お返しもできずにお別れをすることになってしまい、今はただご冥福をお祈りするばかりです。寒さが一段と厳しくなりますので、くれぐれもお体を大切にお過ごしください。平成○年○月○日」

メールの文例

いくら親しい間柄だといっても、喪中はがきの返信のメールでは顔文字や絵文字を使うことはやめましょう。

他の用件を書くことも失礼に当たりますので注意しましょう。

「(故人例:お母さん)の突然の訃報にとても驚きました。謹んでお悔やみ申し上げます。どうか体に気をつけて穏やかに過ごせますようにお祈り申し上げます。」

普段からよく顔を合わせ親しい間柄の場合は「寂しいと思うけど元気だしてね」等の一言を添えるのもいいかもしれません。

最後に

喪中はがきを受け取ったからといって、必ず返信をしないといけない!なんてことはありません。

とはいえ、ほんの少しの気遣いを忘れずにお悔やみの言葉を届けることができたら、きっとよりよい人間関係が築けるようになると思います。

喪中はがきを受け取った際は、以上のことを参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする