スポンサーリンク

辛いときには栄養ドリンク!風邪のときにも効果はあるの!?

辛い風邪の症状は、熱や鼻水そして咳など・・

長引くと体力をどんどん奪われてしまいます。

早く治したい!そんな時に飲みたいと思ってしまう栄養ドリンクですが、

はたして風邪に効果はあるのでしょうか?

風邪で辛い時に栄養ドリンクは本当に効果があるのか?気になる疑問をすっきり解決しませんか?

スポンサーリンク

風邪予防に栄養ドリンク!?その効果とは?

■栄養ドリンクの目的

風邪は80%が鼻や喉からのウイルスが原因といわれています。

栄養ドリンクの効き目はどうなのでしょう? 

栄養ドリンクは薬ではありませんので、飲むことによって熱が下がったり、

咳が止まったりするといったものではありません。

栄養ドリンクを飲む目的としては、免疫力を上げ、

食欲不振の軽減、体力増強などが目的となのです。

風邪の予防として滋養強壮などにも効果があります。

栄養ドリンクを風邪薬といっしょに飲んでも大丈夫?

■飲み合わせに注意

栄養ドリンクには滋養強壮の生薬、肝機能向上のタウリン、眠気予防のカフェイン、疲労を和らげアルコールなど入っている場合があり、

そのアルコールの入っているタイプを風邪薬と併用すると、両方で肝臓に負担がかかり過ぎて、体調不良を起こしてしまう場合があります。

成分をよく確認し、風邪薬を飲んでいる時などノンアルコールタイプを選ぶようにすると安心です。

栄養ドリンクで風邪対策!妊婦さんも安心ノンカフェイン!

■カフェインの取り過ぎに注意

妊婦さんなどは栄養ドリンクはどうしたらいいのでしょう?

ノンカフェインのタイプを選びましょう。

妊婦という特殊な環境では、すべて飲んだものは胎盤を通過するため、カフェイン摂取には気をつけた方がいいですね。

ちなみにカフェインの含有率は紅茶60㎎、ほうじ茶40㎎、玄米茶20㎎となり、コーヒーは120mgとなるため、1日一杯程度にしておいた方がよさそうですね。

過剰に取り過ぎると胎児に悪影響を及ぼす危険もあります。

十分な注意が必要です。

スポンサーリンク

気になる!風邪に効く栄養ドリンクってあるの?

■栄養ドリンクの効果

風邪に効く栄養ドリンクはあるのでしょうか?

栄養ドリンクは、風邪を引いたことによって弱ってしまった身体に下記のような効果があります。

肉体疲労  

栄養ドリンクにはビタミンB群、ビタミンCなどの栄養補給があり「ジオウ」、「ニンジン」など漢方成分も含まれているものなどもありますので、弱った身体に元気を与え体力を回復させてくれます。

特にビタミンCは通常1日の摂取量は100㎎となりますが、風邪のときなどは、その10倍の2000㎎程度摂取してもいいようです。

食物ではみかんなどのかんきつ類、野菜では赤ピーマンやアセロラなどビタミンCの保有量が多いようです。

市販されているサプリメントなどうまく取れ入れていくとしよいでしょう

まとめ

一日でも早く風邪を治したいあなた、風邪薬の処方をきちん守り、

栄養ドリンクも成分表示にはしっかりと気をつけ、サプリメントなどの健康補助食品なども取り入れていくことで、やがて風邪も解放に向かい、栄養ドリンクを飲んでいくことで本来の元気を取り戻すことができるでしょう。

怖い副作用などもあることから、風邪を治すときの栄養ドリンクの知識など持っていると安心ですね。

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする