スポンサーリンク

かぼちゃレシピの人気ランキング!と苦手克服のための子供レシピも

「田舎の実家から、畑でとれたかぼちゃがたくさん送られてきた」

「家庭菜園が趣味のママ友にかぼちゃを分けてもらったけど、どうやって料理しよう」

…そんなうらやましい悩みをお持ちですか?

でしたら、かぼちゃを大量消費する人気レシピのベスト3をご紹介します。

1位 甘くてほっくり「かぼちゃコロッケ」

2位 子ども大好き!体が温まる「かぼちゃスープ」

3位 和洋どちらにも合う人気の副菜「かぼちゃポテトサラダ」

どうですか?早速今晩トライできそうなレシピはありますか?

スポンサーリンク

かぼちゃレシピで人気はやっぱり煮物?

シンプルなレシピで、かぼちゃの大量消費でパッと思いつくのは定番の煮物ですよね。

味が染みこんだかぼちゃは、とてもほっこりして美味しいです。

ちなみに、かぼちゃは一度煮物にしてしまうと、冷蔵庫に入れておいてもあまり日が持ちません。ですから、煮る前にカットして使わない分は冷凍しておきましょう。

かぼちゃは火が通りやすいので、カットされていればいろいろ便利ですよ。

かぼちゃ苦手を克服レシピ!!人気のこども向けレシピ

冬至にかぼちゃを食べる風習があるように、かぼちゃは栄養豊富で、風邪予防効果など、いろいろな効果が認められています。こんな万能野菜をたっぷり子どもに食べてほしい、という親心をよそに、子どもはあまりかぼちゃが好きではありません。

そこで頭を抱えている方に、新しい料理を考える前に、こんな簡単アレンジはいかがでしょうか。2つご紹介します。

① 子どもに大人気のカレーの具として、ジャガイモの代わりにかぼちゃを投入する。

② ミキサーにかけたかぼちゃを、カレーのルーと一緒に混ぜ込む

②は、小さなお子さんも食べられる甘くて優しい味になりますよ。これをきっかけに少しでも食べられるようになってほしいですね。

また、かぼちゃ嫌いでもこれなら食べられるというレシピが、人気レシピにもある、かぼちゃスープなんです。甘くて飲みやすいからでしょうか。それでは簡単レシピをご紹介します。

<材料>

かぼちゃ 400g (約1/3コ)

にんじん 1本

玉ねぎ 1/2玉

キャベツ 2~3枚

あればオリーブオイル 大さじ1

水600cc

牛乳400cc

シチューの素100g

コンソメ 小さじ1

塩こしょう 適宜

<手順>

① かぼちゃは皮をむき、一口サイズにカットする。にんじん、玉ねぎ、キャベツも同様。

② フライパンにオリーブオイルをひいて、野菜がしんなりするまで炒める。

③ ②に水を入れ、柔らかくなるまで煮込んだあと、ハンドミキサーなどで全体をドロッとさせる。

④ ③にシチューの素、牛乳、コンソメを入れてよくかき混ぜる。

⑤ 仕上げに塩コショウで味をととのえ、完成。

調理器具は主にフライパンとミキサーのみですから、

後片づけもそんなに大変じゃないのもいいですね。

いかがでしたか。かぼちゃを大量消費するためのレシピは、参考になりましたでしょうか?

かぼちゃは堅くて包丁で切りにくい野菜ではあるのですが、

料理の材料としては大変使い勝手がよく、さまざまなレシピに登場します。

シチュエーションによって、いろいろなかぼちゃレシピに挑戦してみてくださいね。