スポンサーリンク

お正月鏡餅の二段と三段の意味の違い!読んで納得して飾ろう

皆さんはお正月に鏡餅を飾っていますか?

昔から日本人は年末に家族総出でお餅をつき、お正月には鏡餅を飾るのが恒例行事でした。

近年では年末にスーパーに行けばさまざまな大きさの鏡餅が販売されていて、プラスチック製の鏡餅の形をした容器の中に小さな丸餅が個包装されて入っているものをよく見かけ、気軽に手に取ることができるようになりました。

鏡餅を思い浮かべたとき、ほとんどの方が二段の鏡餅を想像するでしょう。

しかし、中には三段の鏡餅があるってことを皆さんはご存知でしたか。

今回はその鏡餅の二段と三段の違いについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

鏡餅の二段と三段の違いとは

鏡餅が二段や三段といったように重ねられているのは、言葉としての「重ねる」が縁起がよいとされているからです。

福が重なる・年を重ねるなど幸せや長寿に繋がっています。

ではどうして二段のものと三段のものがあるのでしょうか

鏡餅といえば二段重ねが主流ですが、関西や一部地域では三段重ねの鏡餅をお供えします。

これは「荒神様」に関係する鏡餅で、台所などの火の神さまをまつり、火の安全・食の安全、家族の健康を祈るという意味があります。

荒神信仰は瀬戸内地方を中心に盛んだったため、現在でも西日本を中心に三段重ねの鏡餅がお供えされているようです。

鏡餅の二段の意味・由来

三段重ねの鏡餅が荒神様に関係する鏡餅とお話しました。

その一方で、二段重ねの鏡餅は、陰(月)と陽(太陽)を表します。

年に一度家に訪れるといわれる歳神様が宿るとも言われています。

さらにお餅の丸い形には「家庭円満」を表し、二つ重ねることは「一年をめでたく重ねる」を表します。

素敵な意味が込められているんですね。

そもそも鏡餅とは神様と人を仲介するもので、お餅は古くから「神様の食べ物」とされ、歳神様へのお供え物として飾るものでした。

そしてそのお供えしたお餅を分け合って食べることで神様からの祝福や恩恵を受けようという信仰の名残りとも言われています。

その飾り方は各地方によって少しずつ変わってきますが、基本は白木の三方の上に半紙を敷き、裏白、ゆずり葉、四手、昆布などを左右対称に飾り、その上に鏡餅、橙を重ねたものが一般的です。

スポンサーリンク

鏡餅の飾り方の意味

飾り一つ一つにも意味がありますので少しご紹介します。

  • 裏白(うらじろ)…家族繁栄と夫婦円満を表す
  • ゆずり葉…福を後世にゆずるという意味
  • 昆布(こぶ)…「よろこぶ」の意味、子生(こぶ:子供が生まれる)の意味
  • 四手(しで)…四方に大きく手を広げ繁盛するように
  • 橙(だいだい)…家系代々の長寿や繁栄を願う

このように飾り一つとっても大切な願いが込められています。

しかし、家庭で全て用意をしようと思うとなかなか大変なもの。

ですから三方の代わりに四角いお盆や角板、橙の代わりに葉つきのみかんなど、簡略化して飾っても問題はありません。

神様にお供えする、という気持ちが大切です。

最後に

ここまで、鏡餅の二段重ねと三段重ねのそれぞれの意味についてお話しました。

今まで何気なく飾っていた鏡餅も、その意味や由来を知ることでより一層神聖な気持ちで新年を迎えられそうですね。

鏡餅を飾るのは年末の28日までが良いとされています。

29日に鏡餅を飾るのは「九(苦)餅」や「二重苦」といって縁起が悪いとされているので注意しましょう。
31日も「一夜餅」や「一夜飾り」など呼ばれるので避けた方がいいです。

神様を迎えるのは新年の初日の出の時と言われているので、遅くてもそれまでに飾るようにしましょう。

また鏡餅は飾るだけでなく、1月11日に飾った鏡餅を食べる「鏡開き」の日があります。

鏡開きとは、昨年の無事を神様に感謝しつつ、神様にお供えした鏡餅をお下がりとしていただく儀式です。

鏡餅とは、飾るだけでなく、食べてこそその意味があるということですね。

今年一年の家族の健康や幸せを祈ってお餅を食べましょう。

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする