スポンサーリンク

年末大掃除の意味と由来・いつから始めると賢いスケジュール?

今年も残すところあと少しになりました。

毎年、この季節になると少し憂鬱になりますが、いつもお世話になっているお家を大掃除する季節が近づいてきました。

いつもは適当に終わらせてしまっているけれど、今年ことはしっかりと隅々きれいにしたいと思っている方多いのではないですか?

でも毎年の悩みが、いつ頃始めたらいいのだろう。どこから何をしたらいいのだろう。

何故予定の立て込む年末に大掃除をする必要があるのでしょうか?

今回は年末大掃除の意味や由来、忙しい主婦の方でも取り入れられる年末大掃除のスケジュールを紹介します。

スポンサーリンク

平安時代から続く年末大掃除

まず、年末大掃除は平安時代から庶民に根付いたといわれ、それ以来現在まで続く欠かすことのできない年中行事なのです。

当時はすす払いといわれ、新年になると神様がお家まで幸福を運んでくれると言われていたことから、気持ちよく神様をお迎えするための行事だったのですね。

実はおせち料理も神様へのお供え物として準備されていたのですよ

せっかく神様が来てくれるのに、お家の中がぐちゃぐちゃだったら、なんだかご利益がなさそうですよね。

もちろんこれは由来ですから、今のご時世、神様を信じていない方もいらっしゃると思います。

しかし、神様を信じるか信じないかで大掃除をするかどうか決めてしまってもよいのでしょうか。

神様に関係なく、現実的に考えて、まず部屋が汚いと部屋の空気が汚れます。

その環境の中で呼吸を繰り返すわけですので、肺や呼吸器に影響を及ぼし、病気になってしまいます。

また、物を片付けないと集中力が持続しません。

散乱しているものが目にはいり、脳に影響してしまうからです。

資格取得の勉強をしている方や、受験勉強をしているお子様をお持ちの方は特に大きく影響されますから、効率よく勉強をするためにも日頃の掃除や大掃除をしっかりと行いましょう。

年末大掃除いつから始めますか?

ではいつから大掃除を始めていけばよいのでしょうか。

昔からお正月の準備は「事始めの日」といい、12月13日に始められてきました。

いまでも、神社やお寺では、12月13日に大掃除をするそうです。

でもちょっと早い気もしますよね。

12月28日は正月飾りを飾る日としています。

よって、基本的にこの日までに大掃除を終わらせておけばよいのですが、ギリギリすぎるとゴミの収集日が間に合わなかったり、出しそびれたりして、たくさんのゴミの山の中でお正月を迎えることになりかねません。

ましてやお節料理作りや他のことで、なんだかんだ忙しいですよね。

丸1日を掃除のためだけに当てる余裕もありません。

そうなると、日々忙しく過ぎる中で、計画を立て、少しずつ掃除をしていくのがよいと思います。

結果的に、昔から言われる事始めの日である12月13日、このあたりに始めるのが妥当と言えます。

是非、ご自身の地域のゴミの収集日も確認しておいてくださいね

スポンサーリンク

年末大掃除はスケジュールをたてて攻略しよう

では年末大掃除がうまくいくスケジュールを見ていきましょう。

まず始めにすることは、必要のない物の処分です。

処分と掃除を同時進行するよりも、家の中のいらないものをどんどん処分し、さっぱりしたところで掃除に取り掛かる方が、効率がいいです。

そして大掃除といいますが、家の中を隅々まできれいにする!と意気込むのではなく、普段あまり掃除しない、できないところを、時間をかけてきれいにする、という具合に考えましょう。

例えば、換気扇や冷蔵後、食器棚などです。

中はきれいにしていても、なかなか物の裏側まで普段手がまわらないことが多いですよね。

また、キッチンやトイレ、お風呂など、水回りは掃除をすると目に見えてきれいになるので、モチベーションもあがりますよ。

あとは、掃除の基本、上から下へ、奥から手前(玄関)へという方向で掃き掃除をしましょう。

大掃除は体力も時間も必要です。

しかし、きれいになった家の中を見るのはとても気持ちのいいものです。

しっかりと掃除をして、家族と自分の健康を守り、神様に幸せを運びいれてもらいましょう。

スポンサーリンク

あなたの応援が励みになります♪

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。


⇒雑学・豆知識ランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
⇒にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする